台湾の茶芸館で味わうような台湾茶・東方美人茶(白毫烏龍茶)を旅々台北ストア「流々茶房」がお届けします。

東方美人茶(白毫烏龍茶)

イメージ

 お茶の新芽をウンカに噛ませるという、独特の手法で栽培されるこのお茶は、世界中で唯一、新竹県や苗栗県などの台湾の茶区で夏に生産されるだけです。害虫であるウンカを用いるため、栽培が非常に難しいとされています。ウンカが噛んだ芽は成長を止めて変色し、製茶するとこの部分が白くなることから、白毫烏龍茶と呼ばれます。茶葉の色は、白、赤、黄色、緑が混じりとても美しく、発酵度が高いため、紅茶に似た風味を持ち、フルーティで甘い香りです。特に、西洋で好まれ、Oriental Beauty(東方美人)の異名を持ちます。

産地:新竹県、苗栗県など

東方美人茶(白毫烏龍茶)

申し訳ございません。只今、売り切れとなっております。